ボイラー設備

  • HOME »
  • ボイラー設備

ボイラー設備の省エネ、省力化
工場を支えるインフラ設備、エネルギー利用の効率化提案

ボイラー設備

工場・生産現場において、欠かすことの出来ないボイラー設備。工場によっては、最もエネルギー使用量の多い案件となる事も多々あり、省エネルギーを考える時に外すことの出来ない設備だと言えるでしょう。

三浦工業株式会社様とは、弊社の先代より40年以上の長いお付き合いをさせて頂いてきました。
三浦の貫流式蒸気ボイラは大変性能が良く、メンテナンス体制もしっかりしていますので、より省エネルギー、省力化を計りながら、機器の信頼性、利用者の使い勝手に配慮した熱供給設備を、メーカーと共にご提案させて頂いております。

ボイラー設備の導入やリプレース作業には、
1.現状調査、エネルギー測定から始まり、効率比較計算、イニシャル・ランニングコストの計算
2.機種の選定、燃料種別の検討、オイルタンク、ガスタンクの検討
3.工場内スペースの検討・ご提案図作成、設置工事と工程管理
4.蒸気供給ルート、ドレンルート、エネルギー効率の良いドレン回収方法、蒸気機器のご提案
5.所轄官公庁(県・市・消防等)への事前相談から届け出代行
6.補助金申請に係る書類作成・申請代行業務
7.既設旧設備の撤去および適正な処理
8.運転開始後のアフターケア、蒸気利用設備の適正な管理
といった様々な作業がありますので、メーカーと二人三脚でお客様へのサービスに努めております。

energy01

また、環境配慮の観点から、ボイラ用水に脱酸素装置を利用し、ボイラ薬品等の使用は減らす方法をお薦めしています。
機器導入時には、ボイラに電話回線を接続する三浦のオンラインメンテナンスがお薦めです。
これは、機械と自動通信する事で、人の手を介さずに自動的に機器の状況監視を行う方法で、毎月の月報として、運転状況、燃料使用量、ボイラ効率などが一目でわかる月間報告書がお客様の元に送られるようになっています。

三浦のメンテナンスは費用が結構かかる、と誤解されている方々がいらっしゃいますが、他社のボイラでは、人手をかけても実現できないデータ収集、高度な機器管理が含まれており、かつ、工場の方に手間をかけさせないので仕事に集中でき、むしろコストダウンと言えると思います。

energy02

省エネに関する過去の事例ですが、老朽化に伴うボイラの置き換えにおいて、燃料消費率を10%削減した(金額にすると、600万円/年や800万円/年の削減)事例があります。
また、ボイラの高効率化推進に対し補助金が交付されていた時期がありました。
この時に弊社が申請代行させて頂いた案件は3案件あり、100万円×2台が2案件、140万円×2台のものが1案件で、補助金が正式交付されております。
但し、運転開始後3年間は、毎年実際のボイラ効率の報告が必要でしたが、これも弊社がお手伝いし全て無事完了しております。

どんな事でも結構ですので、是非一度ご相談下さい。

 

水やエネルギー、産業機械などの各種設備のご提案
PAGETOP
Copyright © 株式会社オーエス・エンジニアリング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.