除菌について

オゾンによってウイルスが除菌できる!!

昨今社会問題にまで発展している、院内感染。
従来病院内では、薬剤によるくん蒸や噴霧、清拭、紫外線等が用いられております。
しかし、薬剤の使用はその有害性が環境や人に与える影響や、耐性菌の出現が問題視されており、また紫外線も影の部分が殺菌出来ないといった面もあります。

弊社が自信を持っておすすめさせていただく、オゾンによるくん蒸では、残留毒性と耐性菌の発生が無く、隅々まで効果を発揮することが出来ます。

インフルエンザウイルスの不活化
オゾンによるウイルスの不活化の実験は数多く行われています。
その中でもより注目されているのが、インフルエンザウイルスの不活化です。
シャーレ内のインフルエンザウィルスを濃度20ppmのオゾンガスにさらし続けることで、インフルエンザウイルスの99.999%を不活化出来る、という実験結果も報告されています。
オゾン除菌の原理
微生物の細胞や粒子を構成してる種々の生体成分が、オゾンによって直接酸化分解され、著しい変性と障害を受けて、増殖や生存が不能になります。
不活化とはこのことを指しています。
ネズミやゴキブリなどの害虫への効果
オゾンには、病原を広める原因になりやすい、ネズミやゴキブリを遠ざける効果があると言われています。
しかし、遠ざけるだけで殺鼠・殺虫効果はありません。
それでは何故、遠ざける効果があると言われているのか?それは害虫が生成するフェロモンを、オゾンが分解することにより、寄り付かなくさせるからです。
薬剤と違い、残留性が無い為、定期的にくん蒸することで効果を発揮します。
また、オゾンの効果により、ゴキブリの繁殖を半分以下に抑えるという実験結果も報告されています。
殺鼠・殺虫剤と上手く併用することで更なる効果を期待出来ます。
残留毒性とは?
オゾンは非常に不安定な結びつきによって出来ているため、時間経過と共に酸素へと戻っていきます。
そのため、残留性がなく、安全なのです。
耐性菌の発生とは?
薬剤による除菌を行っていた場合、その薬剤に対する抗体が菌に発生し、耐性菌の発生へと繋がることが報告されています。
ですが、オゾンは細菌を直接酸化分解するため、耐性菌が発生することはありません。
㈱IHI社様によるオゾン除菌試験の対象菌
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、MSSA(メチシリン感受性性黄色ブドウ球菌)、緑膿菌、枯草菌、表皮ブドウ菌、大腸菌、真菌、肺炎桿菌、ブドウ糖非発酵グラム陰性桿菌、ヒト結核菌、ヘルペスウイルス、ウデノウイルス、インフルエンザウイルス、エイズウイルス、エントロバクター・クロアカエ、ナイセリア種、コリネバクテリウム、アシネトバクター種、セラチア
水やエネルギー、産業機械などの各種設備のご提案
PAGETOP
Copyright © 株式会社オーエス・エンジニアリング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.